海外駐在する際、日本から携帯を持って行くべきなのか?悩みました。
私の場合、3年程度の短期駐在の予定のため日本に帰ることを想定して考えました。

日本ではドコモの携帯を契約していましたがウィーン駐在する前には契約を解約しドコモの携帯をsimフリーにしてウィーンに持って行きました。
オーストリアはwifi天国、sim格安なので始めの頃は問題なく生活できました。
ですが、半年程たってからハプニングが発生。ドコモ携帯の充電部分が壊れました。直したくてもドコモショップがなく直せないので焦りました。とりあえず現地の携帯電話機器があったのでそれで代用。色々と悩んだあげく日本に戻った時に、simフリーのiphoneを購入しました。
iphoneのメリットは海外にも店舗があるというサポート力。


ちなみに周りの駐在の方は、
現地で携帯を購入し現地の携帯会社と契約している人も多いです。
短期駐在の方は、日本に戻った時にすぐに携帯を使えるよう日本の携帯を格安プランで契約したままくる方や電話番号のお預かりサービスを利用する方もいます。
私は日本にたまに帰るときは、短期滞在用のsimを日本で購入して対応しています。日本のsimは高いですが💦
色々とsimがでているので、比較して安くてしっかりと接続できるものを選んで購入しています。



なんといってもオーストリアは通信料が日本に比べてかなり安いのが魅力です‼️
ウィーン滞在の際は、SIM&wifiを上手く活用するのがおすすめです。

▲例えば、A1のSIMの場合:30日。5GB。10ユーロ。
観光客の方でも面倒な手続き等もなく気軽に買えます。購入場所はA1などの直接の販売店やスーパー、家電販売店など。私のオススメはやはり直接使用したいSIMの販売店で購入すること。セッティングに自信がない方はお店の方にお願いすれば手伝ってもらえます。

私が実際使用しているSIMは「A1」と「T-Mobile」。
A1のSIMはiphoneで使用。ネット回線のみ。1年間有効。10GB。30ユーロ。
T-MobileのSIMは現地購入した携帯で使用。通話のみ。1年間有効。使用したときのみ通話料を支払うというプリペイドタイプのもの。15ユーロ。3000MB。
別々の会社にしたのは両方の会社を利用してみたかったという好奇心で変えました。
家ではwifiをつないでいるので年間にかかるトータル携帯使用料は75ユーロ程度とかなり激安です。



スポンサードリンク