ウィーンのクリーニング屋さん事情。
今までに2つのクリーニング屋さんを経験したのでクリーニングを出す流れをまとめました。

クリーニングを出す方法はかなり簡単。

①クリーニングしたいものを渡す

②クリーニング方法を伝える

③ワイシャツの場合、ハンガーか畳み仕上げか伝える

④お金を払う

⑤レシートを受け取る

※仕上がり日時がレシートには書いていないので口頭で確認。

受け取り方はレシートを持っていくだけでOK‼️



の通っているクリーニング屋さんでは特に名前、電話番号もきかれることなく
「洗いかた、仕上がり方法」を
伝えるだけで注文できます。仕上がりはワイシャツだと約1週間程度です。





▲クリーニング価格表。初めの頃は手洗い希望にしていましたが、途中からはクリーニング屋さんが進めてくれたので手洗いよりも安い安い機械洗いに変えました。



▲日本のようにとまではいきませんが、
満足できる仕上がりです。きちんとした仕上がり、管理がされているかはクリーニング屋さんによると思います。最初にだしに行ったクリーニング屋さんはたまに間違ったものを渡されることがありました。後で変えてもらうのが大変なので、必ずその場で確認しています。また、仕上がり日に取りに行ってもできていないことが2回ほどありました。途中から別のクリーニング屋さんに変えましたがそれからは何も問題ないです。

私の通うクリーニング屋さんは全く英語が通じないので始めの頃は大変でした。よく通ううちに顔を覚えてくれ、ドイツ語でちょっとした会話などするようになりました。
ウィーン中心地は英語は通じますが、少し観光地を外れると英語が通じないこともあります。観光客の方は英語のみでほとんど不自由なく楽しめるかと思います。もし、生活する場合は少しだけでもドイツ語が分かると生活がより楽しく充実すると思います。

スポンサードリンク