ウィーンでオーストリア料理に飽きたら行きたいレストラン。

≪目次≫
① ギリシャ料理:Odysseus
イタリアン:eatalico
メキシコ料理:Pancho


① ギリシャ料理:Odysseus

シェーンブルン宮殿近くにあるギリシャ料理レストラン




▲店内は白で統一されていてギリシャのサントリーニ島を思い出させてくれる空間。ここに来たのは2回目。お料理もおいしくてスタッフさんも良い感じで気に入っています。英語メニューもあります。



             

▲最近はまっているカクテル「hugo」 4.7ユーロ。hugoはホルンダー(西洋ニワトコ)のシロップにライムもしくはレモンとシャンパンを混ぜたカクテルドリンクです。ホルンダーはハーブの一種です。    




▲このレモネード今まで飲んだレモネードで一番好きな味。3.9ユーロ。




▲ドイツ語料理名「suvlaki huhn」 10.9ユーロ。Souvlaki(スブラキ)とは、串刺しのお肉などの料理のこと。
ギリシャ料理の定番。



▲ドイツ語料理名「scampi suvlaki」17.9ユーロ。




イタリアン:eatalico

地元の人達で賑わうお店。
        お客さんのほとんどはピザを注文していました。ピザがおすすめのお店です。
お店の雰囲気はとてもよく、定員さんも親切です😊
Englishメニューもあります。
   



▲パスタとピザを注文。特にパスタが衝撃的・・・
麺は少し太め。パスタの硬さは、とっても柔らかくアルデンテとは程遠い感じ。    
            何回かウィーンでパスタを食べていますがなかなかアルデンテパスタは食べられません。
ピザはお店の釜で焼いています。ボリュームたっぷりで美味しいです。 特にここのお店はピザがおすすめ。    
      パスタもピザもとてもボリュームがあるのでシェアして食べるのががおすすめです。  

メキシコ料理:Pancho

image



▲U2線「Taborstrasse」の駅から徒歩3分。ほぼ駅前というかなりいい立地。




  ▲英語メニューもあります。
店内の雰囲気も落ち着いており、定員さんも優しく素敵なお店。地元の人たちで賑わうお店です。
カウンター席もあるので1人でも入りやすくお酒だけ飲んで帰る人もいます。





▲モヒートとマンゴージュース🍹




▲「burrit de salmon」という料理。味は濃いめでボリューム満点です。
比較的ここのお店は味が濃いものが多いです。





▲トルティーヤチップスにアボカドディップ添え。お酒のおつまみに最高!!!

スポンサードリンク