ヨーロッパ女子旅ブログ〜ウィーン在住〜

現在ウィーン在住です。ウィ―ンのことやウィーンからの旅行体験記をアップしています。

オーストリア

気軽に入れるセルフレストラン「ローゼンベルガー(Rosenberger Markt-Restaurant)」







IMG_1358


▲お一人様でも大丈夫。気軽に入れるセルフレストラン「ローゼンベルガー(Rosenberger Markt-Restaurant)」。オペラ座から徒歩3分程度。最寄駅はU1・2・4「karlsplatz」からは徒歩5分程度。入り口を入ると右手側にはカフェ、左手側にはショップがります。地下に降りると広いセルフレストランがあります。




IMG_1362


▲店内はとても広く席がたくさんあります。満席になることはほとんどないので長居したいときによく利用しています。日本人が良く来るようで、店員さんの中には片言の日本語で話しかけてきてくれる人もいます。店員さんはフレンドリーでてきぱきとしているイメージです。


IMG_1365


▲席は空いている場所に自由に座ります。


IMG_1361


▲ここのお店はセルフレストランなので、自分でトレーを持ち好きな料理を選びます。料理を注文しその場で調理してくれるコーナーやお皿の大きさによって値段が決まるビュッフェコーナーがありました。また、飲み物を自分で注ぐコーナーもありました。



IMG_1366



▲ビュッフェではなく一品を頼む場合はこのようなカウンターで注文します。その場で調理してくれます。メインメニューは10ユーロから15ユーロ程度。飲み物は3ユーロ前後。全て料理がそろったら最後にレジで精算します。





IMG_1367


▲ウィーンに来てから初めて目にした料理「sauerkraut-speck-LAIBCHEN(11.9ユーロ」を注文。
sauerkraut(ザワークラウト)とはキャベツの漬物。ものによりますが、お店によってはとても酸っぱいです。ここのザワークラウトは酸っぱすぎずほどよかったです。酸味は乳酸発酵によるもの。ザワークラウトは市場やスーパーで量り売りなどで販売していますが、簡単に作れるパックもスーパーで売っています。ザワークラウトはドイツやオーストリアでよく食べられています。speck(シュペック)とはベーコンのこと。


ウィーン料理有名店「ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー(ZUM WEISSEN RAUCHFANGKEHRER)」










IMG_1310


ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー(ZUM WEISSEN RAUCHFANGKEHRER)」
お店の名前は白い煙突掃除人という意味。食器にも掃除人が描かれていました。よく観光情報には予約必須と記載してありますが、日曜日のランチ12時ごろに行ったところ予約なしで入ることができました。開店と同時の入店です。13時30分頃でも満席ではなかったです。窓際の席は予約をしている人が優先のようでした。店内はアットホームで落ち着きがあります。最寄駅はU1・3「Stephansplatz」駅から徒歩5分程度。お店のホームページには日本語での案内もあります。予約はホームページから英語もしくはドイツ語でできます。時間帯によってはピアノの生演奏を聴くこともできます。ここのお店のお手洗いには雑誌やハンドクリームが置いてあったりとちょっとした心遣いがありました。お食事の価格は高めです。今回は2人で75.95ユーロでした。



IMG_1313




▲ワインは種類豊富。(グラス1杯:4.25ユーロ)




IMG_1315


▲4種類のパン。小ぶりのパンでどれも美味しかったです。(1人分:2.95ユーロ)


IMG_1316



▲塩味のローストされたかぼちゃの種。


IMG_1317


▲注文はしていませんが前菜として出てきました。魚のマリネ。美味しかったです。


IMG_1318


▲ビーフターター(タルタルステーキ)。下にはアボカドペースト。今まで食べたビーフターターとは一味違いました。このターターお気に入りです。今回は前菜はシェアしています。オーストリアでは料理をシェアをする文化がありませんが、観光客がよく行くレストランなどでは初めにシェアをしたいと伝えても快く応じてくれます。注文の際にシェアしたいと伝えていたのでとりわけ用のお皿を2枚用意してくれました。(17.5ユーロ)



IMG_1319


▲ターター用のパン。


IMG_1320



▲子牛のハンバーグ(Faschieete Laibchen)。ハンバーグはとってもジューシー。(18.9ユーロ)



IMG_1321



▲子牛のヴィーナーシュニッツェル(Wiener Schnitzel)。子牛以外にも豚肉もありました。衣がさくさくでお肉がジューシーでした。そして濃厚なバターの香り。お肉は少し厚め。個人的には塩気が少しききすぎているように感じました。(23.9ユーロ)



IMG_1322


▲ヴィーナーシュニッツェル付け合わせのじゃがいものサラダ。シュニッツェル定番の酸っぱいジャガイモサラダではなく、マヨネーズベースのじゃがいもサラダでした。



☆お店詳細☆
Zum Weissen Rauchfangkehrer(ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー)
住所:Weihburggasse 4, 1010 Wien
電話:+43 15123471
営業時間:月曜から日曜 12時から24時まで



ウィーン関心別おすすめ観光地&見学のポイント




前回は必ず訪れて欲しい観光地を紹介しましたが、
今回は関心別にプラスαで訪れて欲しいおすすめの場所をまとめました。

《興味別にお勧めしたい観光名所》

①ハプスブルク家について興味がある場合

◎王宮(銀器コレクション・シシィ博物館・皇帝の部屋)
→13世紀後半から1918年までハプスブルク家が住んでいた王宮。日本語オーディオガイドがあります。シェーンブルン宮殿の解説と内容が結構かぶります。ですがシシィ(フランツ・ヨーゼフ1世の妃エリーザベト)の生活に関してより詳しく知りたいのであればシシィ博物館はおすすめです。シェーンブルン宮殿と王宮の両方に行くのであれば「シシィチケット」がおすすめ。シェーンブルンで購入するよりも王宮の方がチケット売場は比較的空いています。購入後1年間使用可能です。




IMG_7425




②芸術に興味がある場合

◎レオポルト美術館
→多数のエゴン・シーレの作品があります。美術館内にはモダンなカフェがあります。年間パスポート有。

      ◎ウィーン分離派美術館
→クリムトの作品「ベートーベンフリース」必見。

          ◎アルベルティーナ美術館
→デューラー、シーレ、ブリューゲル、ルーベンスなどのコレクションを見ることができます。特別企画展開催期間中の最終の土日はかなり混むので要注意。ラファエロの企画展の際にチケットを購入するのだけで40分待ちの長打列ができていました。事前にネットからでも簡単にチケットが購入できます。年間パスポート有。


IMG_7406






③音楽家に興味がある場合

◎モーツァルトハウス・ウィーン
→1784年から1787年でモーツァルトが住んだ家。ここで有名な「フィガロの結婚」が作曲されました。日本語オーディオガイド有。

◎ハイリゲンシュタット遺書の家
→グリンツィングのホイリゲ街が近いので合わせていきたい場所。




④音楽やオペラに興味がある場合

◎楽友協会で音楽鑑賞
→ウィーン・フィルの本拠地。ぜひ機会があればここでウィーン・フィルの演奏を聴いてほしい場所。ウィーン・フィルの演奏会はチケットがかなり取りにくいです。大ホール(黄金のホール)がとても素敵です。

◎国立オペラ座
→ヨローッパ3大オペラ劇場の1つ。オペラなどを観なくてもガイドツアーで中の見学が可能です。日本語ガイドツアーもあります。



DSC00176





≪まとめ≫
この他にもまだまだたくさんウィーンにはいいところがありますが厳選して紹介しました。番外編ですが、「フンダートヴァッサーハウス」などのオーストリアの芸術家・フンダートヴァッサーに関する建物観光もおすすめです。フンダートヴァッサーはウィーンのガウディとも言われています。作品はどれも斬新でとても印象に残ります。作品は主にオーストリアやドイツにありますが、日本にも何点か残されています。大阪市環境局舞洲工場,大阪市建設局舞洲スラッジセンターなど。



ウィーンで美味しいビールが飲める「Salm Bräu(サルム・ブロイ)」











IMG_0026



▲ウィーンで美味しいビールが飲める「Salm Bräu」 。ここのお店は自家製のビールを醸造しています。場所はベルベデーレ宮殿下宮入口です。最寄駅はトラム71番に乗り「Unteres Belvedere」で下車。オペラ座前からは71番のトラムで10分程度です。

IMG_0019


▲ビールお試しセット。7.9ユーロ。


IMG_0025




IMG_0021


▲オーストリア定番料理「シュニッツェル(Schnizel・豚)」。10.5ユーロ。
衣がサクサク。大きめ。少し脂っぽさがありましたが美味しかったです。シュニッツェルは豚の場合と子牛の場合があります。定番なのは子牛。子牛の方が基本的に高いです。


IMG_0022


▲シュニッツェルとセットでついてきたじゃがいものサラダ(Kartoffelsalat)。



IMG_0023




▲ドイツの定番料理「Schweinsbraten mit Knoedel(シュバイネブラーテンとクヌーデル)」。10.9ユーロ。







≪まとめ≫
「Salm Bräu(サルム・ブロイ)」はビールが美味しいです。食事もビールにあうものがたくさんあります。ここのお店ではスペアリブがおいしいと評判です。また以前にセロリの根っこの揚げ物を食べましたが、それも美味しかったです。日本ではなかなかセロリの根っこを食べる機会は少ないかと思いますが、ウィーンではスーパーや市場などで簡単に手に入る食材です。今までに3回ほどここに行きましたがサービスに関しては毎回印象が異なりました。店員さんによってとても良かったり・悪かったりとまちまちです。ジョークを言ってきたりとフレンドリーな店員さんもいます。店員さんは民族衣装を着ており店内の雰囲気もいいです。店内は広いので大人数での飲み会も可能です。夜は比較的混むようなので予約はした方が良いと思います。予約はお店のインターネットからできます(英語版あり)。インターネットから予約をした時、早ければそのうち遅くても次の日に予約確定の返事がきました。

歴史を感じるウィーンのレトロカフェ「ハベルカ(Cafe Hawelka)」


   

歴史を感じるレトロカフェ「ハベルカ(Cafe Hawelka)」。ここのカフェは芸術家や作家が集まったカフェでどことなく文化的な雰囲気を感じます。場所はシュテファン寺院から徒歩5分程度の場所にあります。






▲今までウィーンでは甘くて濃いチョコレートドリンクしか出会っていませんでしたが、初めて日本で飲むココアのようなほどよい甘みのチョコレートドリンクに出会いました。お砂糖が付いているので自分で好みの甘さに調整できます

   




▲店内に入ったら予約席以外の空いている席に自由に座ります。予約席の札が置いてあっても定員さんに聞いてみると座れる場合もあります。メニューは壁に掛けてある黒板メニューのみ。自分でメニューを見に行かなければいけません。しかもメニューはドイツ語なので最初に行くカフェとしては少しハードルが高いかもしれません。メニューは定番のものであればだいたいあります。

店内の雰囲気はレトロでこじんまりとしていて落ち着きます。
くつろいで新聞や雑誌を読んでいる人もいるのでひとりでものんびりしやすいカフェです。一人で座っていると稀に地元の方や店員さんが「相席してもいいですか?」と尋ねてくることもあります。



IMG_9996


▲アップルシュトュルーデル。今まで食べてきたものとは少し違っていて生地が少し厚めでしっとり。中身はほのかな甘みでりんごの風味が感じられ私には好みの味でした。今度は22時に焼きあがるという、プラムジャムの入った「名物ブフテルン」を食べに行きたいと思います。


☆Café Hawelka詳細☆
Dorotheergasse 6
1010 Wien









前途多難なわくわくクリスマスマーケット「Rosem burg Waldviertler Christkindlmarkt 」2017.12

   


▲ウィ-ンから2時間程度の「Rosem burg Waldviertler Christkindlmarkt 」に行ってきました。ここのクリスマスマーケットは週末のみの期間限定で開催されているので行く際には必ず公式サイトをチェックしてから出かけてください。結構ローカルなクリスマスマーケットですが、オーストリアの友人から教えてもらったので行ってきました。今回は1回乗り換えのルートで行きました。往復1人33ユーロ。かなりローカル列車だったので、乗り換え後の電車が1両編成でした。電車の到着が遅れてしまい乗り換えの電車に乗れないかと思っていましたが、乗り替えの電車は待っていてくれたので無事に乗り換えることができました。




           



▲乗り換え後の電車にはほとんど人が乗っていなかったのですが、
無事「Rosen burg駅」に着きました。




▲「Rosem burg駅」で降りたのは私たちだけでした。





▲駅からRosem burg城が見えました。






▲Rosem burg城までのルート。駅から徒歩15分から20分程度。行きは全くこのルートがどこなのか分からず迷子になっていました。途中で老夫婦に行き方を尋ねると「Rosem burg城まで歩くと1時間かかるよ。しかも雪が降ったから地面が滑って危ないよ。」と・・・途方に暮れていたら優しい老夫婦が私たちを車に乗せてお城まで連れて行ってくれました。帰りどうすればいいのか不安に思いながらも優しい老夫婦に甘えることにして無事お城に到着しました。





▲帰りのことを不安に抱えながらも、着いたことにわくわく。


                           

▲ここが入り口です。入場料がかかります。大人6ユーロ。子供(3歳から15歳)3ユーロ。



                               
▲12月初旬でしたが既に雪がかなり積もっていました。お城の雰囲気がとても素敵。



                                   

         ▲射的。




▲アルパカ。





▲▼思っていたよりも広かったです。ほとんどのお店がお城の中なので寒さがしのげました。




                                                   

▲16時ごろから込み始めました。





▲▼ほとんどのお店が手作り品を販売していました。リアル赤ちゃん人形には驚きました。

                                               




                                               


▲クリスマスマーケットと同時にホールや祭壇などのお城内見学もできました。



▲クリスマスマーケットでは珍しいお魚のお料理などもありました。お魚を買って帰っている人が多かったです。





▲帰りはけもの道を歩いて帰りました。
最後の方は片方が断崖絶壁の危険な道が続きました。レストランの方に道を確認したものも標識が一切なかったのでとても不安でした。明るいうちに帰ったので平気でしたが、電灯が一切なかったので暗くなってから帰るのは危ないです。雪も積もっていたのでとても歩きにくかったです。人の足跡をたどって帰るというサバイバルな感じでした。足場は悪かったものの、20分程度で駅には着きました。夏であればよいかもしれませんが冬は雪が積もることが多いので駅からの徒歩ルートはおすすめしません。Rosenburg城は車で行くことをおすすめします。





                ▲分かれ道で曲がらなかったので、行きには全く気づきませんでしたが標識が建てられていました。駅にたどり着いたものも電車が1時間30分来なくて待ちぼうけ。待合室も既に閉まっていました。周りにはスーパーなども何もなく唯一ある1件のレストランも14時までの営業だったので、寒い中待つしかありませんでした。電車のチケットは電車の中の販売機で買えました。かなり前途多難なクリスマスマーケットだったの良い思い出になりそうです(;^_^A(笑)

                                                       

ウィーン空港とウィーンミッテを結ぶ直通CAT電車の切符の購入の方法





▲ウィーンは交通機関が発達していて市内までも近いので、比較的楽に市内までいくことができます。
たくさんある手段の中でも一番簡単で安全なウィーン市内までのアクセス方法「CAT]の切符の購入の仕方をまとめました。CATはウィーンミッテ(Wien Mitte)駅とウィーン空港を結ぶ直通電車です。何回か乗って1回だけ「キャンディー~キャンディ~♪」と言いながらキャンディを配る謎のスタッフさんもいましたが・・・(笑)車内はゆったりとした雰囲気で荷物を置くスペースもありわずか20分弱の快適な旅をすることができます。




▲早速切符の購入の仕方。これはCAT切符購入の券売機。言語が選択できるので、今回は英語を選択。








▲片道・往復・往復とウィーン市内の切符のいずれかを選択。値段は、片道12ユーロ・往復19ユーロ。




▲今回はウィーンミッテ駅からウィーン空港の片道チケットのみ購入。往復利用する方は、往復で購入した方がお得。空港⇔ウィーンミッテ駅以外の場所まで電車やトラムを使う方は要注意。空港⇔ウィーンミッテ駅間のチケット以外に市内の乗り物乗車券を購入する必要があります。




    ▲買う枚数の選択。





▲カードもしくは現金で片道12ユーロを支払い。




▲これがCATのチケット。


≪まとめ≫
旅行者の場合、一番便利で安心して乗ることができるのはCAT。
海外経験の少ない方は、空港からタクシーかCATの利用がおすすめです。
タクシーも事前に予約するタクシーだと市内まで33ユーロで行けるため、
3人以上で移動する場合はCATよりもお得で安全です。事前予約の空港タクシーについての記事は今度アップします。事前予約しなくてもウィーン空港にタクシーは常時います。
海外経験豊富な方はSバーンを利用される方が、片道4.4ユーロなので安いです。
今まで何回もSバーンを利用していますが、時々何分か止まってしまいドキドキしたこともありました。
また、ウィーン市内につくまで何か所も停車するので降りる駅が分かりにくいというデメリットはあります。

ウィーン空港からの市内までのアクセス時間は
CAT:20分弱
タクシー:30分
Sバーン:30分弱



ウィーンの日本食レストランレポート「茶の間・くいしんぼ ・めっちゃまっちゃカフェ ・大八・日本橋」

   


日本食レストラン@ウィーン


ウィーンに住み始めると
たまに日本のものが恋しくなることがたまにあります。

そのような時は、
日本食レストランに癒されに行きます


今回はウィーンにある今までに行ったことのある
日本食レストラン&カフェを紹介します。
日本で食べるよりも正直割高。
ウィーンでも日本の調味料などは
手に入りやすいですが、
日本で買うよりも2~3倍があたりまえ。
日本で馴染みのあるキューピーやキッコーマンの
お醤油でさえも高級調味料の領域(笑)
これを考えると少々高いのはしょうがないかなと
思うしかない・・・
値段と味のコスパに関しては、ウィーンで食べる日本食と日本で食べる日本食は
比べてはいけないのかなぁと・・・            
          

目次

茶の間
   くいしんぼ    
         めっちゃまっちゃカフェ
大八
日本橋

①茶の間

ウィーンに住む人なら
必ず行ったことがあるだろう
日本屋(日本食品店・オーナーさんが日本人・日本人会の情報紙なども置いてある)
の隣にある茶の間。

地元の人にも人気な気軽に立ち寄れるカフェ的な存在。
店内は狭いので長居はしにくい。
おにぎりや和スイーツ、抹茶ラテなどが楽しめます(#^^#)

日本のお茶や急須が買いたくなったら、 
茶の間で購入できるのも嬉しい♪





   
    
   



②くいしんぼ

ナッシュマルクトの近く。
カウンター席のみで、店内は狭め。
お昼時になると地元の方も多く来ていて
賑わっています。
一品ものだけでなく定食もある。
家庭的な味で雰囲気も温かみがあって好きです。

③めっちゃまっちゃカフェ

U2.3valkstheater駅から徒歩5分程。
店内はとても落ち着く空間。
お昼と夜ごはん時は混みあいます。
ピークの時間帯に行く場合は座席数が少ないので、
予約したほうが安心。
料理は家庭的でほっとする味です(^^)


   

   


▲ホット抹茶ラテ        
   
      
  


                  ▲ 幕の内定食             



▲手作りの抹茶ケーキ
           
④大八

お寿司が食べたくなったら、大八❤️   
ウィーンにもお寿司を出している
飲食店は多くあります。
ですが、日本人の間でも特に
お寿司で評判がいいのは
「大八」と「小次郎」
私的には大八のお寿司の方が好き。
ランチだとランチメニューが
あるので夜よりは割安でお寿司が楽しめます。
日本人だけでなく地元の常連さんも多いです。






▲ランチメニュー「寿司の盛り合わせ」





▲「ごちゃまぜ巻き」はボリューム満点。
           

⑤日本橋

日本橋はオペラ座近くにあるので、
アクセスがかなり良いです。
ランチはランチメニューもあるので、
夜よりもお得。
夏は冷やしそうめんや冷やしラーメンなどがあったり、
季節に合わせてメニューが変わります。
ウィーンでは比較的ぱさぱさしたお米が多い中、
日本橋ではもちもちしたお米。
お値段は高いですが、
日本酒の種類が豊富です。



                    
               



▲ランチメニュー「焼き魚善」                    
           



≪まとめ≫
日本食レストランにも現地のお客さんも多く来ていて、お箸を使っている姿を見るとなんだか嬉しくなります。
海外に来て感じたことの1つに日本食が愛されているということ💛                   
                ウィーンの、街中には意外と日本食が溢れていますがちゃんとした日本食を提供してくれる場所は、まだまだ少ないです。
ウィーンの方に本当の日本食の美味しさを分かってもらえるようなお店が多くなるといいな。               


 

【ザルツブルクの旅】ウェストバーン(westbahn)&ホテルイムラウラー(Hotel Imlauer & Bräu)



       




8月下旬ザルツブルク音楽祭に行くために、
ザルツブルクに行ってきました!    
街の様子などは後ほどアップします。     

ウィーンからザルツブルクまで初のウェストバーン(westbahn)乗車!!!

ザルツブルクに行くとき、
主に2つの方法があります♪

①オーストリア連邦鉄道国鉄 ÖBB
②私鉄westbahn



いつもは ÖBBを使用しますが、
今回は電車のチケットを事前に購入できなかったので
ウェストバーンに乗ることに。

なぜか日本語表記の看板も発見☆
日本語は・・・ですが(;''∀'')
ウィーンは至る所で日本語表記が
あるので安心します♪







       
ウィーンからザルツブルク間の所要時間は
2時間30分程度。
ウェーストバーンと ÖBBで大して変わりません。


 ÖBBは直前に近づくにつれて値段が大幅に変わるのに対し、
westbahnは基本一定金額。
たまに早割やお得切符もあるようなのでwebチェック忘れずに(^^)/

 ÖBBはかなり早くとるとウェーストバーンよりも安いので、
早めに行く日程が決まっていれば
 ÖBB。

直前ならだんぜん
westbahn。

社内の乗り心地は、
どっちもどっちかも。
注意点はÖBBとwestbahnではウィーン市内の
停車駅が違うこと。
westbahnはウィーン西駅発!
お金が変わらないなら
自分のプランに合う方を選んだほうがいいかも。


私なら安いほうのチケットを選びます♪


8月の下旬だったからか、
車内は電車到着後すぐに満席状態。
座れなくて階段に座る人も多数(;''∀'')
座席指定していない場合は、
出発時間よりも前から待つことをおすすめします!!


今回は事前にチケット購入していなくて、
社内で無事買えるのか
どきどきでしたが
出発してからまもなくして車掌さんが
チケットを売りに来ました!!

ザルツブルク駅はとても近代的な駅で、
スーパーやパン屋さんなどがありとても便利。



ザルツブルク中央駅から徒歩7分程度の
「Hotel Imlauer & Bräu」        
に今回宿泊。


       
 



                  

ザルツブルクは
有名な観光地なのでホテルは全体的に
高め(;''∀'')

正直コスパがよくないです・・・
       

ザルツブルク旧市街までは
徒歩15分から20分。
途中にミラベル庭園があり
つきって市内まで行けるので
苦にになる距離ではないけれど、
夜の市内散策や夕食にいくのであれば
少し不便。

市内までトラムやバスを使うにはなんだか中途半端なところです(;´・ω・)

どうしてもおいしい夕食を
食べたいと思うと
旧市街まで歩くことになるので、
次回もし泊まるなら
旧市街ないかすぐ近くかな・・・

ホテルの立地はいつもとても迷います(;´・ω・)


   





   

        


ホテルスタッフの方々は
とても親切でした。

全体的にとても清潔感あり!


   




お部屋の感じは、
思っていたよりも狭いかな(;´・ω・)

シンプルな作り。

シングルベットの並びが初めて見た並び。
友達同士なら使いやすい間取り。


   




水回りも清潔感あって好感度!!









アメニティはなく、
水回りに洗うせっけんが完備。

ほんとシンプルな作り♪

       









ドライヤーは
あったので助かりました!!



               






収納も2人で使うなら少し狭めです(;´・ω・)
隣の人の声や廊下の声が聞こえるのは難点。
部屋からは線路が見えましたが、意外と電車の音は気になりませんでした。


ここの朝食は食べていませんが、
ホテルのレストランはなかなかおいしいです!!
定員さんも親切(#^^#)
英語メニューもありますが、
おすすめ料理はドイツ語メニューしかなかったので
ドイツ語メニューもぜひ見てみてください(#^^#)


        
スポンサードリンク
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
プロフィール

みぃたん(mitan)

  • ライブドアブログ